上映のお申し込み
映画上映のお申し込み

戦後50周年記念映画 『GAMA-月桃の花』 -今年で上映10周年

  私達は戦後50年を記念し、全国の青少年たちに沖縄戦の真実を伝え、そしてそこから戦争・軍隊とは民衆にとって何なのかを考え合う映画を作ることにしました。
  主人公は戦場を逃げ惑いながら必死に命を育てようとする、一人の母親です。沖縄戦後50年を経て、一人の青年(ジョージ)がシカゴから宮里房を尋ねてきます。自分がどのように生まれ育ったのかを知ろうとするジョージ。二度と思い出したくない過去を背負う房。やがて房は真実を語ることを決心します。
  唯一の地上戦だった沖縄戦が、いかに人々の生活を根こそぎ奪ったか。その中でも生きぬいた人々のひたむきさ。
  この映画によって、60年前の戦争の実相を長く記憶にとどめ、平和を求める心が、子供たちに受け継がれていることを祈ります。


(ビスタサイズ 110分)
(このページの最後に申し込みフォームがございます)

GAMA-月桃の花

GAMA-月桃の花

『MABUI』 -死と隣り合わせの子どもたちに『マブイ』の光を!

  45年6月を過ぎても、山原では敗残兵となった日本兵と上陸した米兵の戦闘が、住民を巻き込んで続いていた。その中で、三人の少年たちは出会った。父はサイパンから帰らず妹も飢えで失った金城清秀。両親を日本兵に殺された津波古武輝。そして戦争孤児となったアヤ。闇市で金城理髪店を再建する中で、新しい生活が始まる。
  全てを失った戦後の沖縄・・・。しかし少年たちは明るくたくましく夢を膨らませて生きている。やがて三人はそれぞれの未来に踏み出していく。道は違っても、「命の大切さ」で心を結びながら…。

  戦後の沖縄を背景に、今日の少年、少女たちに呼びかけます。夢を持った生き方を。そしてみんなに問いかけます。「戦後60年の歩み」が何かを見落としてきたのではないかと。


MABUI(魂)

マブイとは、沖縄の言葉で「魂」あるいは「揺るぎ無い真心」(精神の核)を意味しています。


(スタンダード 96分)

mabui_bomb.jpg

mabui_syonen.jpg

mabui_senaka.jpg

映画『GAMA-月桃の花』『MABUI』のシナリオ、パンフレットを取り扱っています。
お気軽にお問い合わせください。

映画上映会のお申し込み

「GAMA-月桃の花」、「MABUI]の上映を希望される方はこちらのフォームから
ご希望の作品にチェックを入れて送信してください。

E-MAILまたはFAXもしくは電話でもお申し込みを受け付けております。

上映申し込み

大阪府大阪市城東区中央1丁目8-24
東洋プラザ蒲生707号 マブイシネコープ
電話・FAX 06-6786-6485